使いっぱなしは危険?パソコンのメンテナンスの必要性

ファンや内部のホコリを取り除く

法人向けパソコンを使いっぱなしにすると、高熱になり電源が落ちるなどの危険もあります。日常のメンテナンスをしておけば、故障のリスクも減らせるはずです。ファンにホコリが溜まっている状態では、内部の熱も上手く逃がすことができません。パソコンの掃除をするときは、電源を抜いてから行いましょう。エアスプレーなどを使って、ファンや内部のホコリを取り除いていきます。パソコンは熱を発生しやすいため、置き場所にも工夫が必要です。デスクトップパソコンは排気口を塞がないように、風通しの良い場所へ設置します。ノートパソコンは持ち運びができるので、なるべく涼しい環境で使うのが好ましいです。夏場はエアコンを上手く活用しましょう。

ハードディスクのクリーンアップを行う

法人向けパソコンはシステムのメンテナンスも大事です。何もせずそのまま使い続けていると、動作が遅くなってしまうこともあります。ハードディスクのクリーンアップは、不要なデータを整理して動作を快適にするメンテナンスです。パソコンに最初から入っている機能で、管理ツールから実行できます。クリーンアップが終わったらパソコンを再起動するか、シャットダウン後にもう一度電源を入れると作業は完了です。クリーンアップ直後は起動時間が長くなりますが、更新作業が終わると動作も改善します。それでも動作が遅いときは、ハードディスクの空き容量が足りないかもしれません。データを別のストレージに移動して、十分な空き容量を確保しましょう。

© Copyright PC Save Energy. All Rights Reserved.